お気軽にお問い合わせください。

TEL.06-6766-4320

株式会社創健ヘルスケア

お知らせ

【健康情報】 熱中症に注意!水分と一緒にミネラルを!!

こんにちは。ミネラル大好き、ミネ子です♫

このブログでは、カラダとココロを健康に、

自分も周囲もご機嫌よく、

ハッピーな毎日を送るための情報を発信します。

 

=========================

◆マスク熱中症に注意!

 

7月に入り、気温も湿度も高い!

…そんな毎日で気になることと言えば、

やっぱりマスク生活😷

 

ただでさえ息苦しいのに、

暑いとその不快感が倍増しますね(><)

でもね、マスク生活で怖いのは「熱中症」❗️

 

熱中症とは、体の中に熱がこもって

体温が上がりすぎてしまい、

脱水症状による目眩、頭痛、意識消失、痺れ、

こむら返りなど、さまざまな障害が出ること。

 

実はこの熱中症、

梅雨明け付近の今頃が要注意なんです❗️

夏真っ盛りの、かんかん照りの時じゃないんです。

 

それはなぜか、、、

気温が急上昇し始め、体が暑さに慣れる前だから❗️

 

加えてマスク生活で、

マスクをしない時よりも体が暑さを感じやすく、

体の温度調整がしにくなっているから、

とっても危険なんです‼️

 

 

もう少し詳しく解説すると👩‍⚕️

人は呼吸の際、冷たい空気を体に取り込み、

温かい空気を出すことで、

体から熱を放出しています。

 

でも、マスクを着けていると、

マスクで温められた空気を吸い込むため

体が冷やされません。

体内に熱がこもる原因の一つになってしまうんです。

 

そして、マスクを通して呼吸することで、

呼吸時にかかる体への負担が、いつもより増します。

運動時と同じような呼吸状態になってしまい、

筋肉が使われる→体温が上がりやすくなる→

熱中症のリスクが高まる

という悪循環になってしまうんです。

 

◆どうやって予防したらいいの?

 

屋内でも起こりやすい「マスク熱中症」

 

これを予防するポイントは2つ!

 

・普段よりもこまめな水分補給

・水分補給と合わせて、適度な塩分補給

 

水分はわかるけど、塩分!?

疑問を持つ方もいらっしゃるかも。

 

これは、汗で失われてしまう体内の塩分や

ミネラルの補給が大切だということ。

 

大量に汗をかくと必須ミネラルのひとつ、

ナトリウムが失われます。

 

水だけを飲むと血液中のナトリウム濃度が薄まり、

これ以上その濃度を下げないように

体内のシステムが働き、水を飲む気分が失われます。

 

同時に余分な水分を尿として排泄します。

これは自発的脱水症とも呼ばれ、

熱中症の原因になります。

 

マスク生活の熱中症対策には、水分+ミネラル‼️

これ、覚えてくださいね。

 

=========================

◆ミネラルのきほん

 

からだの免疫機能をを高めるために不可欠なミネラル。

よく聞くけれど、いまいちよくわからない。

いったい、ミネラルって何なの?

 

ミネ子が、わかりやすく解説します♪

 

ミネラルは自分のからだでは作れないものです❗️

 

人間のからだは、水分60%、タンパク質17%、

脂質15%などでできていますが、

5%のミネラルも含まれており、

約60種類が数えられています。

 

厚生労働省はカルシウムやマグネシウムなど、

そのうちの16種類を必須ミネラルとして

目標摂取量を定めています。

 

 

からだの細胞は毎日生まれ変わり、

元気なからだを作っています。

そのからだづくりに欠かせないのが酵素の存在で、

3,000種類超の酵素があります。

 

そして、この酵素の機能を活発にしてくれるのが

ミネラル‼️

その役割から「補酵素」とも呼ばれています。

 

酵素とミネラルは切っても切れない関係。

手に手を取り合って、

毎日せっせとからだを元気に動かしてくれる、

大切な存在なのです。

 


本社
〒530-0047
大阪市北区西天満三丁目5−10 オフィスポート大阪412号
TEL.06-6766-4320 FAX.06-6766-4321

株式会社創健ヘルスケア